葬儀のその後、遺品整理で骨董品や古銭の整理も!もめることも

葬儀が終わった後、残された遺族は「死亡届」や「埋火葬許可証交付申請」、「年金手続き」などの諸手続きだけではなく故人が使われていた品物の整理もしなければなりません。
いわゆる遺品整理です。でもこの遺品整理はどのタイミングでどのように処理をしれば良いのでしょうか。
葬儀が終わってから喪が明けないタイミングで早々にしても良いのかなど疑問や不安もあります。
また、遺品整理の中には破棄するものから下取りに出したり、引き続き使う物まで多岐に渡ります。
遺品の中には高額な骨董品や美術品、古銭も。ただこれらの分け方によっては親族内でもめることもあります。
そこで今回は葬儀の後の遺品整理についてタイミングや処理方法、注意点などをご紹介致します。
葬儀のその後、遺品整理で骨董品や古銭の整理も!もめることも

葬儀のその後いつから遺品整理をする

遺品整理を行うタイミングには四十九日後や死亡届などの諸手続き後に行ったり、家族が集まる法要に合わせたりと様々です。
[遺品整理を行うタイミング]
・四十九日を迎えた後
・諸手続きの完了後
・法要の後
・葬儀の後
が一般的です。

お勧めは喪が明ける「四十九日を迎えた後」です。なぜなら、四十九日法要までは家族・親類は喪に服している時期でもあるため喪が明けていない時期に故人の遺品を整理するのも時期尚早だからです。それに葬儀直後は、「死亡届」や「埋火葬許可証交付申請」、「年金手続き」など限られた日数内に手続きをしなければならないことが多くあり多忙になるからです。それ以外にも一人暮らしの場合は電気・ガス・水道・新聞・電話などの解約も発生し手続きに追われることになります。ですので喪が明ける「四十九日を迎えた後」がオススメなんです。ちなみに仏教の忌明けは四十九日ですが、キリスト教では30日、神道では50日です。

ただ、急がなくてはいけない場合もあり「葬儀の後」や「諸手続きの完了後」に遺品整理を行う方もおられます。例えば家賃が発生してしまう場合や家族や親類が遠方に住んでおり集まる機会が少ない場合です。一日でも早く遺品を整理して翌月から家賃がかからないようにしたいと考えらる遺族の方は少なくありません。また、遠方に住まわれていると会う機会も少なく形見分けが難しくなるからという理由からです。

比較的に時間に余裕がある方は1周期や3回忌、7回忌など家族・親類が集まる法要のタイミングで遺品整理を行うこともあります。例えば故人と家族が同居していたとか、老人ホームに入られて荷物は家族が持っていた場合などです。この場合は時間や場所に余裕がありますのであまり急ぐ必要がないからです。

 

遺品整理とは!?

そもそも遺品整理とは、どういうことでしょうか。
遺品整理とは、亡くなられた方の残された品物を整理、または破棄し、お部屋を綺麗に清掃して原状回復をさせることを言います。
遺品には、自動車やバイク、自転車、衣類、電化製品(エアコン、扇風機、冷蔵庫、コタツなど)、家具、預金通帳、印鑑、現金、貴金属、契約書、固定電話、携帯電話、美術品、骨董品、古銭など多岐に渡り、それぞの手続きや廃棄方法、処理方法が違ってきたりします。また、故人が住まわれていた住居が賃貸の場合、原状回復をしなければならない場合もあります。というのは、万が一、お部屋で亡くなられた場合は体液や血液、害虫、汚物、異臭が残ってしまい特殊清掃が必要なケースもあるからです。

 

遺品整理の処理方法と遺品整理業者の活用のメリット

遺品整理の処理方法はその遺品によって違ってきます。
自動車やバイクはディーラーへ下取り(買取)、自転車、衣類、電化製品、家具はリサイクルショップへ買取、美術品や骨董品、古銭は質屋や古美術品店、古銭店へ買取など様々な処理が必要になります。もちろん、下取りだけではなく家族や親類の方々が引き続きご使用される場合や保管されることもあります。
これら遺品整理に時間をかけたくない方や処理方法が分からない、面倒という方で利用されているのが遺品整理業者です。遺品整理業者への費用は発生しますが時間の節約や労力・ストレスを軽減することができます。また専門知識が豊富なため相談することもできます。さらに仏壇仏具・神棚・人形などの供養(焼き上げ)も遺族に代わり行ってくれます。
古銭の買取価格を知りたい方は「古銭.JP」をご連下さい。古銭の価値や買取価格が分かります。

 

遺品整理で家族や親族でもめることも

遺品整理で家族や親族でもめることもあります。それは故人が賃貸に住まわれていた場合や価値が分からない美術品や骨董品、古銭が残された場合、また、形見分けを要求してくる人が出てきた場合です。
[遺品整理で家族や親族でもめる原因]
・賃貸に住んでいた
・価値が分からない美術品や骨董品、古銭がある
・形見分けを要求してくる人が出てきた
があります。

故人が賃貸に住まわれていた場合は限られた日数内にその部屋を原状回復させ明け渡さないといけないからです。遺品が多かったり、万が一、その部屋でなくなられた場合は体液や血液、害虫、汚物、異臭が残ってしまい特殊清掃が必要になり時間や費用、労力が必要になるからです。遺族が遠方に住んでいる場合は限られた時間内に遺品を整理しないといけない為遺族内でトラブルとなることがあります。

また、美術品や骨董品、古銭などのコレクションが残された場合も問題が起こりやい遺品です。売ろうとする遺族と引き継ごうとする遺族の対立や誰がもらうかなどでトラブルになります。また価値が分からないだけに格安で売ってしまった後、真の価値が分かり遺族内でトラブルになることも少なくありません。

美術品や骨董品、古銭などのコレクションをされている方はコレクター仲間が多く、残されたコレクションを受け継ぎたいと申し出てくる方もおります。さらには、故人が「コレクションを譲る」と言っていたなど多数出来てくる場合もあるんです。このようなことにもならない為には生前整理や遺言書、エンディングノートなどでどうしたいかを明確に残すようにしましょう。そうすればトラブルになることもありません。

 

葬儀のお礼やお返し、礼状ってどうするの?相場っていくら?

葬儀のお礼や香典返し、礼状・挨拶状の一般的な常識をご存知でしょうか。
実は香典返しと言っても相場やお返しする時期もあるんです。
香典返しの相場はいただいたお香典金額の半額相当の品物を目安としてお返しをするのが一般的なんですよ。
それに香典返しの品物には、お菓子やお茶、タオル、海苔、石鹸など残らない消えるものをお返しするのが一般的です。
これは「不祝儀(不吉な出来事)を残さない」という意味があります。
そこで今回は葬儀のお礼や香典返し、礼状の書き方、香典返しの相場をご紹介致します。

葬儀のお礼やお返し、礼状

香典返しの時期

お香典返しの時期は、四十九日(七七日)の法要後、2週間以内を目処にお届けするのが一般的です。忌明け(きあけ)法要日に発送し、法要の翌日に届くように手配されるとよいでしょう。なお、当日返しですべて済ませた場合は後からのお返しは不要です。
そもそもお香典返しは、本来、忌明け法要を滞りなく終えたことの報告の意味があります。忌明け法要を営むまでは「忌中・喪中」の期間であり、喪に服している間はお礼や香典返しは慎むのが本来の礼法なんです。
香典返しの準備は初七日から忌明け法要までの期間に、法要の準備と並行してお香典返しの準備を進めます。万が一、準備が遅れてしまった場合は、「ご挨拶が遅れた旨のお詫び」を添えて送るようにしましょう。

 

香典返しの相場

香典返しの相場
いただいたお香典金額の半額相当の品物を目安としてお返しをするのが一般的です。ただし、親族や身内からいただいた高額のお香典に対しては、必ずしも半返しではありません。3分の1~4分の1程度のご予算でも失礼にあたることはありません。
昨今、当日返し(ご葬儀当日にお返し)の方が増えていますが、その場合の予算は、2,000円から3,000円程度が相場です。もし、頂いたお香典が10,000円で当日2,500円のお品をお返しした場合は、反返しが5,000円になりますから不足分の2,500円相当の品物を忌明けのタイミングに合わせてお返しします。
尚、お通夜や葬儀でお返しするハンカチは会葬御礼品といい、「葬儀当日に来てくださってありがとう」という意味の品であり、お香典返しではありません。ですので、香典返しの予算とは別に考えておきましょう。

 

香典返しのお品物と熨斗(のし)

香典返しのお品物は、「不祝儀(不吉な出来事)を残さない」ということから、残らない消えるものをお返しするのが一般的です。お菓子やお茶、タオル、海苔、石鹸などの消耗品が選ばれています。また、香典返しをお送りする際にはのし(かけ紙)はつけるのが常識です。地域性や慣習によってさまざまですが、宗派にあわせた表書きと水引で用意し、下には施主様の苗字を入れるのが一般的です。のしは「内のし」が一般的です。「内のし」とは化粧箱にのし紙をかけて、包装の中にお付けするスタイルの事です。

こちららが一般的な仏式(全国)の「のし」です。
一般的な仏式(全国)の「のし」

 

こちらが仏式(関西・四国・中国の一部)の「のし」です。
仏式(関西・四国・中国の一部)の「のし」

 

神式の「のし」です。
神式の「のし」

 

キリスト教の「のし」です。
キリスト教の「のし」

 

香典返しの礼状・挨拶状

香典返しを、宅急便などでご自宅にお送りする場合はご挨拶状を添付するのが一般的です。いただいたお香典へのお礼や、無事に忌明け法要・納骨が済んだこと、戒名の報告等をします。ただ、直接香典返しを手渡しなさる場合や、法要当日の引き物(お越しいただいた方への手土産)の場合は、基本的に挨拶状は不要です。
お礼状の一例をご紹介致します。文章はすべて縦書きになりますのでご注意願います。尚、仏教の場合の一般的な文例です。

謹啓
ご尊家益々清祥のこととお喜び申し上げます。
先般 (続柄) (俗名)儀 葬儀に際しましては
ご丁重なるご厚志を賜わり厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして この度
(戒名)
四十九法要を滞りなく営むことができました
つきましては追善の微意を表し 心ばかりの品をお届けいたしますので
ご受納下さいますようお願い申し上げます
本来であればお目にかかりお礼を申し上げるべきところ失礼ではございますが
まずは略儀ながら書中をもってお礼方々ご挨拶申し上げます
                                敬具
平成〇年〇月〇日
                          喪主 〇〇〇〇〇
                              親族一同

注意する点は、季節の挨拶や頭語・結語、句読点を使わない点です。頭語と結語を使用する際は両方を使用するか、両方を使用しないか統一します。また、挨拶状に句読点も必要ありません。これには諸説ありますが、葬儀や法事が滞りなく済むようにという意味から、文章が途切れる句読点を使わないという説やもともと書状には句読点を用いらなかったなどの説があります。

次は、神式の場合の一般的な文例です。神式は仏教の四十九日にあたる五十日祭(神式)の頃に持参したり、「お香典」をさして玉串料(たまぐしりょう)・榊料(さかきりょう)・御霊前(ごれいぜん)と呼びます。また、偲草(しのびぐさ)とは、神道の忌明け祭や年忌法要時に故人を思い追慕する気持ちを粗品に代えてという意味合いがあります。


謹啓
先般 (俗名) 儀に際しましては御多忙の折にもかかわらず
ご丁重なるご厚志を賜り誠に有難く厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして日に五十日祭を滞り無く相営みました
つきましては偲草のしるしまでに心ばかりの品をお届け致しましたので何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上御礼申し上げるべきとは存じますが
略儀失礼ながら粗状を以て
謹んで御礼の御挨拶を申し上げます
                                敬具

平成〇年〇月〇日

                               喪主名

 

キリスト教(プロテスタント)の場合の一般的な文例です。プロテスタントには、忌明けという観念がなく、「香典返し」という習慣もないのですが、日本社会の風習として、葬儀でいただいた弔慰金・お花料・御花料・ご霊前・御ミサ料の返礼品を、1ヶ月後の召天記念日の後にするのが通例となっています。また、プロテスタントの場合、天に召される事を「召天」といいます。


謹啓
先般 (俗名) 儀 召天に際しましては
御多忙の折にもかかわらず
御懇篤なる御弔慰を賜り
なお鄭重な御花料に預かり
有難く厚く御礼もうしあげます
おかげをもちまして〇月〇日に記念会も滞りなく済ませました
就きましては早速拝眉のうえ
御礼申し上げるべきとは存じますが
略儀失礼ながら粗状を以て
謹んで御礼の御挨拶を申し上げます
                                敬具

平成〇年〇月〇日

                               喪主名

 

キリスト教(カトリック)の場合の一般的な文例です。カトリックには、忌明けという観念がなく、「香典返し」という習慣もないのですが、日本社会の風習として、葬儀でいただいた弔慰金・お花料・御花料・ご霊前・御ミサ料の返礼品を、三十日目の追悼ミサの後にするのが通例となっています。また、カトリックの場合、天に召される事を「帰天」といいます。


謹啓
先般 (俗名) 儀 帰天に際しましては
御多忙の折にもかかわらず
御懇篤なる御弔慰を賜り
なお鄭重な御花料に預かり
有難く厚く御礼もうしあげます
おかげをもちまして〇月〇日に追悼ミサも滞りなく済ませました
就きましては早速拝眉のうえ
御礼申し上げるべきとは存じますが
略儀失礼ながら粗状を以て
謹んで御礼の御挨拶を申し上げます
                                敬具

平成〇年〇月〇日

                               喪主名