愛心「のうこつぼ」は本当に良いのか?デメリットを探してみた!

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket



お墓でこんな悩みはありませんか?

・費用を安く抑えたい
・家族に迷惑をかけたくないので準備をしたい
・永代で供養したい
・すぐお墓が欲しい
・掃除の手間を省きたい
・子供がいないので管理ができない
・家の近くでお墓参りをしたい


そこでご検討したいのが現在大人気の「納骨墓(のうこつぼ)」です。
「のうこつぼ」とは、株式会社愛心が提供するマンションのような集合型のお墓で、都心はもちろん皆様がお住まいの近くの寺院に設置されています。
お墓を探している方の間で「お墓を安く購入できた」、「家の近所でお墓を作ることができた」、「永代で供養できる」など大評判になった宗派不問のお墓です。
今回はその大人気のお墓「のうこつぼ」は本当に良いのか、デメリットはないのか探してみましたのでご紹介致します。


愛心「のうこつぼ」に対するこんな不安や疑問はお持ちではないでしょうか?
・「納骨墓(のうこつぼ)」は他のお墓とどう違うの?
・「納骨墓(のうこつぼ)」のデメリットは何?
・「納骨墓(のうこつぼ)」のかかる費用はいくらなの?
・「納骨堂」と「納骨墓(のうこつぼ)」との違いは?
・納骨墓の見学はできるの?
・ひとつの納骨室に何霊位入るの?

その「納骨墓(のうこつぼ)」の不安や疑問の解消に向けて、「納骨墓(のうこつぼ)」と他のお墓との違い、デメリット、費用などを分かりやすくまとめてみました。


株式会社愛心の「のうこつぼ」

「納骨墓(のうこつぼ)」は他のお墓とどう違うの? デメリットは何?

 
「納骨墓(のうこつぼ)」は他のお墓とどう違うの? デメリットは何?

納骨墓(のうこつぼ)の外観

「のうこつぼ」はこのようなマンションのような集合型のお墓で、都心はもちろん皆様がお住まいの近くの寺院に設置されています。
「のうこつぼ」のメリットは、「墓石代不要」、「引っ越しができる」、「費用は従来の3分の1」、「宗派不問」、「分割ローン、クレジット払いが可能」です。
また、「のうこつぼ」のデメリットはあまりないのですが、あえて言うなら「お彼岸やお盆などは混雑する」というところかもしれません
家墓や納骨堂、樹木葬、永大供養墓、合祀墓、海洋散骨、のうこつぼとの違いをご紹介致します。

   価格  メリット  デメリット
 家墓

家墓

 約120万円~300万円 ・ご予算に応じてオーダーメイドが出来る。

・ご家族皆様で共有が出来る

・後継者がいなくなった場合、墓じまいの手間と高額な費用がかかる。

・お墓を建てる際に墓石代・永代使用料・彫刻費がかかる。

 納骨堂

納骨堂

 約60万円~120万円 ・屋内で天候に左右されず快適にお参りが出来る。

・後継者がいなくなった場合、合葬墓に埋葬され永代に亘り供養が出来る。

・お彼岸やお盆などの混雑時は時間制限がある。

・機械式の場合故障した際は参拝が出来ない。

 樹木葬

樹木葬

 約20万円~120万円 ・永代使用料や管理費が比較的低く設定されていることが多い。

・個別式は、後継者がいなくなった場合、合葬墓に埋葬され永代に亘り供養ができる。

・散骨式は管理費が発生しない。

・散骨した遺骨の返却は不可

・原則として増設が不可能なので追加で埋葬する場合は新たに購入が必要。

・散骨式は墓碑がないので、先祖がどこに眠っているかわからない。

 永大供養墓

永大供養墓

 約30万円~60万円 ・宗旨宗派など宗教的な制約がないケースが多い。

・墓石などを建てないので、比較的費用が低く設定されているケースが多い。

・後継者がいない場合、合葬墓に埋葬され永代に亘り供養ができる。

・家族以外の遺骨と同じ部屋に納骨をする。

・一つの建物になっているので、先祖がどこに眠っているかわからない

 合祀墓

合祀墓

 約3万円~30万円 ・宗旨宗派など宗教的な制約がない場合が多い。

・墓石などを建てないので費用が圧倒的に安価

・一度の支払いで完結し、その後の費用が発生しない。

・家族以外の遺骨と合同散骨なので、親族などの同意を得ないと問題になるケースがある。

・お墓の場所やデザインの要望は不可。

・一度納骨をすると、合同散骨なので、遺骨の返却は不可。

 海洋散骨

海洋散骨

 約5万円~25万円 ・墓石工事や土地代が不要なので、安価で散骨が可能。

・墓守や後継者が不要。

・一度の支払で完結し、その後費用が発生しない。

・改葬や引っ越し遺骨の返却が不可。

・法要や供養の際に拝む対象物がない。

・家族以外の遺骨と合同散骨なので、親族などの同意を得ないと問題になるケースがある

 のうこつぼ  498,000円 ・跡継ぎがいらっしゃらない方、宗派、国籍などは問いません。

・屋外なので従来のお墓のようにお参りができる。

・都内などアクセスの便利の寺院に設置されている。

墓石代不要

・引っ越しができる

・分割ローン、クレジット払いが可能

 ・お彼岸やお盆などは混雑する

 

「納骨墓(のうこつぼ)」のかかる費用はいくらなの?
 
「納骨墓(のうこつぼ)」のかかる費用はいくらなの? 高くないの

納骨墓(のうこつぼ)」のかかる費用をまとめましたのご紹介致します。

   使用料  年間管理費
 のうこつぼ  498,000円~(注1)  1万円(注2)

(注1)墓石代・工事代・永代供養料を含みます。
(注2)寺院や地域によって異なります。
一室498,000円から納骨できて、四霊まで納骨ができます。 
その費用には墓石代・工事代・永代供養料が含まれれています。
のうこつぼは予め建立されておりますので墓石代はかかりません。
年間管理費はおよそ1万円(寺院や地域によって異なります)で、納骨墓や寺院の管理運営、主に清掃などに使用される費用です。

「納骨堂」と「納骨墓(のうこつぼ)」との違い

 
「納骨堂」と「納骨墓(のうこつぼ)」との違いは何?

「納骨堂」と「納骨墓(のうこつぼ)」は、よく誤解されている方がおられるので格や特徴などで違いをご紹介致します。

   納骨堂  のうこつぼ
 価格  約60万円~120万円  498,000円~
 特徴 ・室内に、個人や家族で遺骨を納める。

・ロッカー式・棚式・仏壇式・自動搬送式など様々なタイプがある

・室外に、個人や家族で遺骨を納める。

・各寺院により形状(デザイン)が異なります。八寶禱〈はっぽうとう〉、宝寿殿〈ほうじゅでん〉、祀〈まつり〉など様々なデザインがある。

 メリット  ・屋内で天候に左右されず快適にお参りが出来る。・後継者がいなくなった場合、合葬墓に埋葬され永代に亘り供養が出来る。 ・跡継ぎがいらっしゃらない方、宗派、国籍などは問いません。

・屋外なので従来のお墓のようにお参りができる。

・都内などアクセスの便利の寺院に設置されている。

・墓石代不要

・引っ越しができる

・分割ローン、クレジット払いが可能

 デメリット ・お彼岸やお盆などの混雑時は時間制限がある。

・機械式の場合故障した際は参拝が出来ない。

・お彼岸やお盆などは混雑する

 

納骨墓(のうこつぼ)の種類とデザイン

納骨墓(のうこつぼ)の種類とデザインはその寺院によって様々です。
ここでは納骨墓(のうこつぼ)の種類とデザインをぎ紹介致します。

八寶禱(はっぽうとう)

八寶禱(はっぽうとう)

「のうこつぼ・納骨墓」の代表的な八角形の形状です。納骨室(カロート)は、全40檀(室)で、禱の中央部に合祀墓(合同墓・合葬墓)があります。スペースは、横幅1.4m 奥行1.4m 高さ1.8m

宝寿殿(ほうじゅでん)

宝寿殿(ほうじゅでん)

四角形の大きく、どっしりとした形状は、見る人に力強いさと安心感を与え、四隅に地蔵を施したデザインが心を落ち着かせます。納骨室(カロート)は、全48檀(室)。スペースは、横幅1.65m 奥行1.65m 高さ2.1。

祀(まつり)

祀(まつり)

「のうこつぼ・納骨墓」の中では、小型ながら凛としたシンプルなデザイン。祀DXと組み合わせることで整然とした印象を与えます。納骨室(カロート)は、全6檀(室)。スペースは、横幅0.7m 奥行0.41m 高さ1.52m。

祀DX(まつりデラックス)

祀DX(まつりデラックス)

L型の角の上部に地蔵を設置することで、のうこつぼ(納骨墓)に風格が与えられます。納骨室(カロート)は、全40檀(室)で、禱の中央部に合祀墓(合同墓・合葬墓)があります。スペースは、横幅1.1m 奥行1.1m 高さ2.2m。

祷(いのり)

祷(いのり)

不要な要素を省いた十字型の構造は、独自の価値観を持たらしています。また祷DXと組み合わせることも可能です。納骨室(カロート)は、全16檀(室)。スペースは、横幅0.65m 奥行0.65m 高さ1.5m。

祷DX.(いのりデラックス)

祷DX(いのりデラックス)

「のうこつぼ・納骨墓」としては最大サイズ。全体から醸し出される重厚感が圧倒的な迫力を与えます。連結により延長や形状の変更も可能です。納骨室(カロート)は、全44檀(室)。スペースは、横幅3.6m 奥行0.65m 高さ1.5m。

「納骨墓(のうこつぼ)」の口コミ(体験談)

「納骨墓(のうこつぼ)」の口コミ(体験談)もご紹介致します。
実際にご利用をされた方々の生の声です(^^♪

 

兵庫県西宮市 N様
何かあった時のためにお墓を準備しておこうと思い、お墓を探していました。
最初、霊園を希望していましたが、成人して家を出た子供達から郊外だとお参りにしに行くのが大変だとの大反対。
そこで子供たちもアクセスできる良い場所にお墓はないかと探していたところ、永代供養墓「のうこつぼ・納骨墓」を見つけました。
「初めてみるお墓の形なので、最初は違和感がありましたが、費用も予算内でおさまり、何よりも家族や子供たちの希望通りの立地でした。
ご住職様も話しやすい方でここに決めてよかったです。


 

東京都新宿区 O様
ご実家のお墓が遠く、最近は一年に一回行けるかどうかでした。
お子様たちも独立し、都内に在住すんでいるので、将来お子様達のことを考えて永代供養墓「のうこつぼ・納骨墓」に決めました。


 

兵庫県尼崎市S様
夫にに先に逝かれ、途方にくれていました。
納骨してきちんと供養してあげたいと思っていたのでしが、お墓の価格や準備などどうしていいのか分からず困っていました。
そんな時インターネットで永代供養墓の「のうこつぼ・納骨墓」を知り、担当の方から自宅近くのお寺を紹介してもらいました。
一人で心細い中、一つ一つ丁寧にのうこつぼの社員さんが教えて下さり、とても感謝しています。
無事、旦那を供養出来るお墓が見つかって本当良かったです。ありがとうございます。



納骨墓(のうこつぼ)は他のお墓のタイプより価格を抑えることができて、すでに建立されているので即ご購入が可能です。しかも都心はもちろんご自宅の近所で寺院を探すことができるんです。もちろん永大供養で宗派も問いません。

 

納骨墓(のうこつぼ)の心配な点(QA)

疑問(QA)

納骨墓の見学はできるのですか?
いつでも見学していただけます。見学ご希望日時をご連絡ください。

ひとつの納骨室に何霊位入るのですか?
納骨室(カロートと言います)には、1~4霊位可能です。

合祀はいつ行われるのですか?
33回忌を終えた時点です。

 

納骨墓(のうこつぼ)はこんな方ににオススメ

お勧め

納骨墓(のうこつぼ)はこんな方にオススメ
・お墓のことで子供に負担や迷惑をかけたくない
・転勤が多く。引っ越しをするかも知れない
・子供がない
・生前自分でお墓を用意したい
・親・兄弟・配偶者の遺骨を抱え困っている
・離別シングル
・家の近くでお墓詣りをしたい
・永代で供養したい
・費用をなるべてく安く考えている
・すぐお墓が欲しい
・掃除の手間を省きたい
・継承者がいない
・お墓を建てても管理していけない

納骨墓(のうこつぼ)は「お墓のことで子供に負担や迷惑をかけたくない」、「離別シングル」、「家の近くでお墓詣りをしたい」、「永代で供養したい」、「掃除の手間を省きたい」などを考えている方にオススメです。
なぜなら、納骨墓(のうこつぼ)は、引っ越しができるお墓で、しかも家の近くでお墓を探すことができるからなんです。
歳をとると遠距離の墓まりは難しくなり、子供たちも遠く離れたお墓まで参るのも嫌がります。
それらの不安に安く対応できるのが「のうこつぼ」です。
価格も¥498,000円からと大変お得。
管理費も年間1万円(寺院や地域によって異なります)と格安です。

納骨墓(のうこつぼ)の総合評価とまとめ!

今回は、「愛心「のうこつぼ」は本当に良いのか?デメリットを探してみた!」との内容で納骨墓(のうこつぼ)を他のお墓と比較しながらその価格や特徴、口コミをご紹介させて頂きました。


納骨墓(のうこつぼ)のまとめ
 「のうこつぼ」とは、株式会社愛心が提供するマンションのような集合型のお墓で、都心はもちろん皆様がお住まいの近くの寺院に設置されている。
 お墓を探している方の間で「お墓を安く購入できた」、「家の近所でお墓を作ることができた」、「永代で供養できる」など大評判になった宗派不問のお墓。
 「のうこつぼ」のメリットは、「墓石代不要」、「引っ越しができる」、「費用は従来の3分の1」、「宗派不問」、「分割ローン、クレジット払いが可能」。
 「のうこつぼ」のデメリットはあまりないのですが、あえて言うなら「お彼岸やお盆などは混雑する」というところ。
 納骨墓(のうこつぼ)」のかかる費用は、使用料¥498,000円、年間管理費1万円(寺院や地域によって異なります)
 年間管理費はおよそ1万円(寺院や地域によって異なります)で、納骨墓や寺院の管理運営、主に清掃などに使用される費用。
 納骨墓(のうこつぼ)は「お墓のことで子供に負担や迷惑をかけたくない」、「離別シングル」、「家の近くでお墓詣りをしたい」、「永代で供養したい」、「掃除の手間を省きたい」などを考えている方にオススメ
 「のうこつぼ」は、室外に、個人や家族で遺骨を納める。
 「のうこつぼ」は、各寺院により形状(デザイン)が異なる。八寶とう〈はっぽうとう〉、宝寿殿〈ほうじゅでん〉、祀〈まつり〉など様々なデザインがある。

コメントを残す